軍艦島デジタルミュージアム

軍艦島デジタルミュージアム
最新のデジタル技術であの頃の軍艦島にタイムスリップ!

軍艦島デジタルミュージアムとは

明治日本の産業革命遺産として2015年7月に世界遺産登録された軍艦島(端島)。

人口密度世界一の活気溢れる島の様子や、

上陸ツアーでは見ることのできない立入禁止区域など、

巨大スクリーンやプロジェクションマッピングで体感できるミュージアムです。

軍艦島デジタルミュージアム

軍艦島とは

長崎県野母崎半島の西方、長崎港から約18㎞の海上に浮かぶ、東西約160m、南北約480m、面積6.4haの小島。

正式名称は端島(はしま)といいますが、北西から見たときの島影が戦艦「土佐」に似ていたことから、「軍艦島」と呼ばれるようになりました。

海底炭鉱の島として栄華を極め、日本の近代化を支えたこの島は、2015年7月に、世界文化遺産「明治日本の産業革命遺産~製鉄・製鋼・造船・石炭産業~」として正式登録され、国内外から注目を集めています。

軍艦島デジタルミュージアム

各リンク先ご案内

軍艦島デジタルミュージアム

基本情報

名称軍艦島デジタルミュージアム
郵便番号850-0921
住所長崎県長崎市松が枝町5-6
Tel095-895-5000
Fax095-895-5005
ホームページhttps://www.gunkanjima-museum.jp/