大村市観光コンベンション協会

大村市観光コンベンション協会
「よって行かんね おおむら」

直売所(大村市観光案内所)のご案内

交通アクセスに便利な、JR大村駅・県営バスターミナル近く。
大村市観光案内所では、大村市を中心とした特産品や伝統工芸品などのお土産や贈答品、地元の新鮮な農産物など様々な品物を多数取り扱っております。
日々、観光の方だけでなく、地元の方たちにも来ていただいており、アットホームな雰囲気で親しみやすいスタッフがお待ちしております。
大村にお越しの際はぜひともお立ち寄りください。

(一社)大村市物産振興協会
〒856-0831 長崎県大村市東本町1番地1
TEL:0957-54-1061

大村市観光コンベンション協会

大村の花

3月下旬から6月中旬にかけて市内各地で、サクラやシャクナゲ、花菖蒲などが次々と開花を迎え、
「花まつり(3/25~6/20)」の期間中は各会場でのイベントや特産品の販売などが行われ、多くの観光客で賑わいます。

「日本さくら名所百選の地」の大村公園には、国指定の天然記念物オオムラザクラをはじめ
21品種、約2000本の桜が公園一帯をピンク色に染め人々の目を楽しませます。
また、夜には公園内がライトアップされ、日中とはまた趣の違う夜桜が楽しめます。

長崎県では唯一、さくら名所100選の地に選ばれ、大村神社にある“オオムラザクラ”は国指定の天然記念物に指定されております。

5月下旬になると、約10万株およそ30万本の花菖蒲が公園内を埋め尽くし九州最大級を誇る大菖蒲園に、伊勢系、肥後系、江戸系など171種類の花菖蒲が見事に咲きそろいます。
3月25日~6月20日板敷櫓と花菖蒲を照らすライトアップも楽しめます。
また、6月上旬に開催される「花菖蒲まつり」では、郷土芸能の披露や、大村市の姉妹都市である秋田県仙北市の物産展も催され、長崎県内外からたくさんの人出で賑わいます。

大村市観光コンベンション協会

天正遺欧少年使節顕彰之像

大村純忠、大友宗麟、有馬晴信のキリシタン大名らは、ヨーロッパのキリスト教文化を見聞させ、日本をヨーロッパに紹介するため、10代半ばの4人の少年をローマに派遣しました。一行は活版印刷機械などヨーロッパの進んだ技術や知識を持ち帰り、日本文化に貢献しました。
彼らが長崎港を出帆して400年目を記念し、四少年の偉業をたたえるため、長崎空港へ渡る箕島(みしま)大橋のたもとに顕彰像が建てられました。
左から伊東マンショ、千々石ミゲル、原マルチノ、中浦ジュリアンです。

大村市観光コンベンション協会

基本情報

名称一般社団法人 大村市観光コンベンション協会
郵便番号856-0834
住所長崎県大村市玖島1-45-3
Tel0957-52-3605
Fax0957-52-3652
ホームページhttps://www.e-oomura.jp/
E-mailkanko@e-oomura.jp